なぜ離婚弁護士に依頼するべきなのか

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲良く暮らしている夫婦でも、ある日突然亀裂が入ることもあります。夫婦のトラブルは夫婦だけで修復するのがベストな方法なのですが、残念なことに、二人だけでは修復できないこともあります。そのような場合はどこに相談すればいいのでしょうか。一番いいのは弁護士に相談することです。探し方がわからない時は、ネット検索をすることもできますし、法テラスなどで紹介してもらうこともできます。これはと思う事務所を見つけたら、まず相談に行くのがお勧めです。この場合は夫婦の氏名や婚姻期間、子供の人数や財産の詳細などをメモして持って行くようにしましょう。また女性の場合は、女性の弁護士がいる事務所の方が話がしやすいかもしれません。特に最近は、女性の離婚弁護士の数もかなり多くなっています。

協議離婚で成立しない時は調停となります

そうはいっても弁護士に頼んだら、いきなり裁判を勧められるのではないかと思う人もいるでしょう。実は離婚には段階というものがあり、最初から裁判を行うことはまずありません。最初は協議離婚といって、夫婦の話し合いだけで行う方法を採ります。この場合は、別れた後の取り決めを公正証書として作ってもらうことになります。日本では9割以上がこの協議離婚です。もしこれで成立しなかった場合は、家庭裁判所で調停を行います。調停委員が夫婦それぞれの言い分を聞いたうえで離婚を成立させ、その後の取り決めとして調書を作ってくれます。この調書は法的効力が強く、取り決めに従わなかった時には罰則が設けられています。しかし協議離婚も調停も、必ずしも離婚弁護士が必要というわけではありません。

弁護士に頼むことで得られるメリットとは

ではなぜ弁護士に依頼した方がいいのかというと、依頼人に取って有利に働きかけてくれるからです。もちろん弁護士の報酬と着手金が発生しますが、どうしても離婚したいという時はやはり依頼するのがいいでしょう。そして調停で離婚が成立しない時は、裁判に持ち込まれます。最近は事務所によって色々なプランがあり、裁判で争う内容や予算に応じた複数のプランが用意されています。またお金がない時は法テラスで申し込むと、民事法律扶助を受けることができます。これは一時的にお金を立て替えてくれるシステムで、後から分割で返済することが可能です。離婚はとかく感情が先に立つことが多く、スムーズに行くはずの話し合いもこじれることがあります。そのような時には、やはり弁護士に依頼した方が第三者の目で、しかも法にのっとったやり方で交渉をしてもらえます。

メールからのご予約も承ります。(24時間受付可能) 当事務所のオフィスは都内に六本木・新宿・横浜・北千住と4カ所ございます。 お子様のことに関しましても先々のことを考え最善を尽くしていきます。 お問合せ:0120-272-585(土曜・日曜も相談可能) 24時間受付可能となっております。 全てのオフィスが駅から徒歩10分圏内となっている為アクセスしやすくなっております。 専門性の強い離婚弁護士へ相談を